2019年6月4日

[ 特集 ] 中山女子短期大学

2018年4月より、徳島県住みます芸人として活動されている中山女子短期大学さんが、AWAPに参上!

同年、徳島インディゴソックスの応援選手兼スタジアムDJにも就任。独特な感性と芸風で2014年度のR ー1ぐらんぷりの決勝進出も果たしています。趣味は、釣りやDIY、料理、野球、高専ロボコンなど、多方面で興味があるご様子!

今回はそんな中山女子短期大学さんの素性に迫り、色々とお話を聞かせていただきました!!

お笑いの道を志したきっかけは何ですか?

普通の仕事って何かわからなかったからです(笑)公務員になりたいって言うても何してるかいまいちイメージつかなくて…。単に飽きるかなって思ったのもあります(笑)

あと毎日違う仕事が出来ると楽しいんちゃうかなって。例えば、芸人やタレントさんやったら、今日は魚釣りのロケ行って〜、明日は劇場出て〜、その次はまたテレビの取材でご飯食べに行って〜とか。

芸名の由来は何ですか?

ウケ狙いですね(笑)

吉本の劇場に入るためのオーディションのエントリーで芸名を書かなあかんくって「隣のやつ笑わしたろ」と思って書いたのがこれでした。よくトリオの女芸人やと思われるんですよ。でも中身はおっさんのピン芸人です(笑)

NSC大阪在学中やお笑い芸人として活動し始めて苦労した点は何ですか?

お金がない、正解がない、結果が出ないの「3ナイ」ですね。

お金がないからバイトするんですけど、そのバイトで得た知識でネタ作りしてました。高校卒業してすぐNSC入ったんですが、社会のルールもある程度知っとかんとお笑いってできないので、そういう点ではバイトはお金以外も収穫あった。 正解がないは、開き直って吹っ切れた感じ。

最初は「こうせなあかん」みたいなのがあって…けど、楽な方に行ったんですよ。無理せぇへんように。ネタも歌ネタなんですけど、セリフ覚えてイチからコントして演技はどうっていうより、歌の方が僕には合ってました。R‒1も開き直ったから良い結果出せたんかなと。

1年前と変化したことはありますか?

徳島で声かけて頂くことも増えたり、仕事の量も内容も変わりましたね。今までは他の芸人との戦いでしたが、今はご飯や板前さんとの戦いとかショッピングモールの音との戦いとか異種格闘技になった感じですね。いかに僕に興味を持ってもらうか日々勉強。

始めは悩みましたが、最近は余裕が出来ましたね。「こんにちは」ってちゃんと言えるようになりました(笑)出演場所の「そこの人のために!」みたいな風に考えるようにもなりました。まだまだ「自分」抜けないですけど(笑)

徳島のチームに期待する事を教えてください

まず、インディゴソックスの面白さを徳島の人に知って頂きたいです。一癖も二癖もある人達が野球をやっていて、甲子園に出たスター選手もいれば、中卒で建築現場で働いてインディゴソックスに入ってる選手もいますし、台湾から来た選手がいたり、ドミニカ共和国の選手がいたり、今年はクーニンズっていうYouTuber草野球集団から来てたりとか…。

今年は徳島出身の選手も多いですし、徳大とか鳴教とか国立大学出身の選手がいてたりとか、異文化交流みたいな環境が夢があるというか。色んな理由で徳島に集まって、這い上がろうって頑張って、その人達が同じ目標に向かって野球してるっていうこの面白さ!

一人でも多くの目標が叶って欲しいですし、県民の皆さんには徳島でやってる野球をもっと面白がって頂きたいなと思います。

徳島のいい所や推しスポットがあれば教えてください

最近車買って、釣りを始めたんですよ! 徳島って中心部からたった10分走っただけで釣りができるっていうすごい良いところですね。

オススメは…沖洲とか言ったらベタなんですけど、例えば徳島に転勤とか進学とかで来て、何もすることないなと思ったらまず釣竿買って欲しいです!餌の虫が苦手でも今はルアーでも釣れるんで。この間もルアーで釣りました!

1年後の「中山女子短期大学」はどんな人になっていると思いますか

面白くなってると思います!(笑)

最近クイズが得意ということが分かりまして! アタック25でトップ賞取ったんで、クイズに関連したお仕事ができればな、と。普通に徳島で「それっぽく」活動することはできると思うんですよ。でもそれじゃあ面白くないと思うので…。

例えば東京のテレビ出たりとか、大阪のテレビ出たりとかして、昨日東京のテレビ出てた兄ちゃんが徳島のちっちゃいお祭りにいる!MCしてる!みたいなのが一番楽しいな。普通に東新町歩いてるとか(笑)そうなりたいなと。

最後にAWAP読者にメッセージをお願いします

こんなん読んでんじゃねーよ!!(笑) 最後まで読んでもクーポンついてねーぞ!!(笑)

冗談はおいといて…、今やネットも進化して、仕掛けれるものはなんぼでもある。「どうせ徳島やし…」って言ったかて、やり方次第やし、四星球しかり、チャットモンチーしかり、米津玄師しかり、ノーベル賞の中村修二さんしかり、出る人は出てるから! そういう人が出れる土壌はあると思う。ずっとおるから見えて来ないってのもあると思います。

自分の得意なものって自分からしたら「何でみんなできひんの?」って思うじゃないですか。徳島ラーメン食べてて、「他県のラーメン生卵入ってないの?」って。抽象的ですけど色々あるじゃないですか。田舎やからって思うのか、田舎やから面白いと思うのか、やり方次第ですよね!

中山女子短期大学さん、ありがとうございます!

今後もAWAPは中山女子短期大学さんを応援してまいります。下記に中山女子短期大学さんのライブ情報を記載しておりますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

  • AWAP編集部
  • 記事を書いた人
    AWAP編集部
AWAP編集部
2018.5月創刊 | 徳島の若者カルチャーを誌面・Web・動画で世界に発信する新感覚フリーマガジン | AWAPに出てくれる人・一緒に作ってくれる人募集中!
関連記事

    関連記事はありませんでした

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HOME > 特集 > [ 特集 ] 中山女子短期大学