2019年7月31日

カッコイイ・オ・ト・ナ 2人目・サトウユウトさん

徳島で活躍するカッコイイ大人に”カッコイイ秘訣”を訊く新企画『カッコイイ・オ・ト・ナ』

2人目のカッコイイ大人は、ゲーマー向けシェアハウス・リバーサル代表のサトウユウトさん!

特別インタビュー

経歴・現在の職業や活動について

本職は広告デザイナーで、それに付随して広告コンサルタントをさせて頂いておりまして、今後は、シェアハウスの運営なんかも手がけていこうかなと思っております。

ゲーマー向けシェアハウスとは?

最近流行のeスポーツといものがありまして、私が元々秋葉原に住んでおりまして、そういう方向のアミューズメントの知識は多少ありまして、普通のシェアハウスだといろんな人が住みすぎて常にトラブルが起きちゃうことがあると思うんですけど、「ゲーム」という事でひとつ繋がりが持てれば、多少譲り合いながら過ごすこともできますし、あとは、田舎に面白いものが少ないので、ゲームで繋がって地域起こしができればなというところです。

単なるシェアハウスではなく、開業や起業の支援もセットでやっていこうかなというところで、現在ここに住んでいる人に仕事を付ける活動もしてまして、もし住んで「仕事が欲しいよ」という方には私の方から仕事を振っていくという形で、スポンサー企業さんが付いてまして、そこから仕事もセット・遊びもセット・場所もあると、それで三つ揃えば「住んでやってもいいかな」っていう若い人が一人でも、二人でもいれば!

立ち上げた理由

私が病気になりまして、レディーガガさんと同じ「線維筋痛症」というもので、自殺考えるぐらいまでの寝たきり状態が数年続きましたので、そこから「自分のために生きるんじゃなくて誰かのために生きる方がいいのかな」という風に考えが変わりまして、今自分にできることが何かって考えた時に、シェアハウスというものがあるのかもしれないなと。

徳島の若者について思うこと

徳島に限らずですが、今の若い人たちはみんな優秀だと思うんですよ。

すごく自分たちの時代よりも大人で、ものもよく分かってて、ネットがありますから「何でもすぐ調べられる」と言うんですけど、一方で諦めが早くなっちゃってるのかなと。頭が良いので「田舎じゃ無理だろ」という風にすぐに結論が出せてしまうぐらい賢くなっちゃって、「それはまだわかんないからもったいないだろう!」とやってみてから、失敗してから考えるだけの若さがありますから。都会で失敗しちゃうとお金がかかるんですね。商売をするにしても、まず自分の家の家賃、お店を出すんだったらお店の家賃と二重払いになったらやっぱり高くって。だったらシェアハウスであんまりお金かけずに、ちょっとお試しで起業してみて、ダメだったらダメ、よかったら独立するような場所をひとつ作ることで、小さな経済力を回していければなと。

今すぐに用意できるのは建設関係の仕事だと用意できそうなんですよ。でも、建設関係って大変なので、がっつり建設の仕事っていうんじゃなくて内装とか、簡単なリフォームとかを師匠について、習いながら働くという風なことをバイト感覚で始めるところから。親方について殴られながら仕事覚えるっていうのが今の時代には合わない。お試しで仕事しながらっていうことがまずひとつ。

今は話がまとまりきってはいないんですけれども、徳島県の県庁さんの方とeスポーツ関係で組んでいこうという話が上がってまして、ただ、そのためには若い人が集まっていないことにはチームを組んで動けないので、まずは集めて、チームになれるかどうかからスタートなので、一回場所は構えておく必要があるんですね。その場所を構えた結果、「ゲームでまちおこし」ということができるのであれば、本格的にゲームセンターみたいなもを作って、ゲームセンター兼イベントスペースみたいな場所として、若い人が集まって、上手い人と交流したり、もしくは仲間内で楽しんだりというアミューズメントスペースを徳島市内ではなくて、県南の本当に田舎の環境の良い所でやっていければな、と。

今後の展開やビジョンについて

今考えてるのは、もっともっと田舎の方を元気にしたいっていうのがあるんですよ。田舎にも若い人はいるんですけど、その人たちが自分で起業するのが大変で、仕方がないから都会に流れるっていうそれをどうにか止めたいと思ってまして。

ひとつは釣り宿を自分で運営しておりまして、自然っていうのは都会にはないのもですから。特に山の釣りってあんまりないんですよ。海釣りの釣り宿はあっても、山釣りの釣り宿。でも鮎とかヤマメとかって美味しいんですけど若い人はあまりやらない。ひとつ考えてるのは、ブラックバスが釣れちゃうんですよ!徳島の山奥でも。ブラックバスはよくない魚という認識があるので、その外来種を駆除しながら釣りに生かして、魚って釣っちゃったら傷ついてだいたい死んじゃうんで、駆除兼、仕事にしながらっていう連携ができればっていうお話を持っていってはいるんですけれども。

根幹にあるのが遊ぶ場所が作りたいんですよ。東京とかに比べちゃうと遊びの種類が少なくて、ゲームもそうですけど、この田舎になってくるとカラオケ店もないぐらいの田舎ですから、何かひとつでも二つでも他の人がやれないような仕事を私の方でして、遊び場所を作ってあげたいなというのがあります。

視聴者・読者へのメッセージ

私が「カッコイイオトナ」かというのはまだちょっとわからないんですけれど、今の若い子にとって大変な時代にはなってまして、それは我々大人の責任だと思ってるんです。それについてはまず謝らないといけない。でもこれからの時代を着くのは若い世代ですから、私がきっかけは作るので、これからどんどん田舎を楽しくしてもらえればなと。すぐには諦めるな!


サトウユウトさん、ありがとうございました!

今後もAWAPでは徳島で活躍するカッコイイ大人に”カッコイイ秘訣”を訊いてまいります!

協力店舗さま
  • 店舗名ゲーマー向けシェアハウス リバーサル
  • WEBサイトhttps://yps.tokyo/
  • AWAP編集部
  • 記事を書いた人
    AWAP編集部
AWAP編集部
2018.5月創刊 | 徳島の若者カルチャーを誌面・Web・動画で世界に発信する新感覚フリーマガジン | AWAPに出てくれる人・一緒に作ってくれる人募集中!

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HOME > カッコイイ・オ・ト・ナ > カッコイイ・オ・ト・ナ 2人目・サトウユウトさん