2021年10月25日

いい映画いっぱいあるのに! ~ 水爆と深海の怪物


アメリカの水爆実験が発端となり巨大なタコが人間を襲うSF作品

1955年制作という古い作品なのですが、特撮巨大ダコとロマンティックな大人の恋愛に甘美な気持ちになれる逸品です。


50年代からハリウッドで活躍した特撮の神、レイ・ハリーハウゼンが手がけた巨大ダコ。

今の私たちからすると荒くてぎこちない動きには決して驚きはありませんが、逆にそのアナログな様子が可愛く思えてきます

柱や船に巻きつく姿なんか、子犬が飼い主に甘えて足元に寄ってくるみたいな(本来なら恐怖心を抱くべきシーンですが)。人間よりもタコを応援したくなっちゃう、愛しきモンスターになっています。

そんな愛しきタコさんと、彼(?)を追う女性研究者と軍人の恋愛の駆け引き模様が相まって、今作を甘い甘ーい作品に仕上げています。監督やハリーハウゼンにそんな意図はあったとは思えませんが、私的にはこれは大恋愛映画だと位置付けています。


巨大ダコは恋愛を邪魔するライバルであり、ライバルという障害のおかげでより恋の火が燃え上がる男女。そんな三角関係的要素が実は隠されている、と私は勝手に解釈しております。

もちろんSFとして鑑賞するのが一番ですが、一風変わった恋愛ものを観たい方、ぜひご鑑賞ください。

●『水爆と深海の怪物』(1955年)
  • 監督ロバート・ゴードン
  • 出演ケネス・トビー / フェイス・ドマーグ / イアン・キース

一石三鳥 子連れ女子会はこちら

徳島カルチャーショック日記はこちら

  • AWAP編集部
  • 記事を書いた人
    AWAP編集部
AWAP編集部
2018.5月創刊 | 徳島の若者カルチャーを誌面・Web・動画で世界に発信する新感覚フリーマガジン | AWAPに出てくれる人・一緒に作ってくれる人募集中!

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HOME > いい映画いっぱいあるのに! > いい映画いっぱいあるのに! ~ 水爆と深海の怪物